従業員の評価を公平に行うためにはタイムレコーダーが欠かせない!


色々なタイプのタイムレコーダーの機能を比較しよう

従業員の出勤状況を管理したり、長時間残業を防いだりするには高性能のタイムレコーダーの早期導入がとても有効です。特に、企業内に複数の部署が設置されている場合には、人事や事務の担当者の業務の負担を軽減するためにも、機能にこだわってタイムレコーダーを選定することがおすすめです。最近では、従来型の従業員が出退勤の度に打刻をするタイムレコーダーだけでなく、外出先でもワンタッチで操作できるスマホアプリも登場しており、大手企業を中心に導入が進んでいます。なお、タイムレコーダーのタイプによって、主に使える機能に違いがあるため、早いうちから法人用に開発された製品の機能の良し悪しについて理解を深めることが大事です。

クラウド型のタイムレコーダーはコストの節約が可能

クラウド型のタイムレコーダーは、提供元と毎月の契約が必要となりますが、導入にあまり手間が掛からないことや、予算に合わせて導入が可能といったメリットがあります。大手のIT関連企業の中には、業種に関わらず便利に使えるクラウド型のタイムレコーダーを開発しているところが多くあり、コスト削減の観点から様々な企業にとって不可欠なものとなっています。こうしたタイムレコーダーを選定するにあたっては、余裕を持って自社内の人事や事務の担当者にヒアリングを行ったり、システムの使い方について研修をしたりすることが肝心です。その他、常にスピーディーに勤怠管理を行ううえで、最新型のクラウド型のタイムレコーダーに関する情報を集めることも必要です。

タイムレコーダーには、チャイム機能が搭載された機種も存在します。チャイムを鳴らして始業や終業の合図とすることで、正確な打刻が可能な環境を作りやすいためです。


Share: