将来の仕事に役立つ人材育成研修を実施するにはどうすればよいか


ビジネス研修の経験が豊富な講師にサポートを任せよう

人材育成研修は、個々の社員が目的意識を持って仕事に取り組んだり、日々の業務に関する問題解決のヒントを見つけたりするうえで大きなメリットがあります。将来の仕事に役立つ人材育成研修を実施したい場合には、社内で後輩の指導に長けた社員を選任するだけでなく、外部のビジネス研修の経験が豊富な講師にサポートを任せるという方法もあります。特に、営業や企画など様々な職種で活躍をしている講師は、大手企業を中心に需要が高まっており、研修を依頼できるまでに時間が掛かったり、多額の費用が発生したりするケースも珍しくありません。そのため、本格的に人材育成研修の計画を立てるうえで、多くの企業に支持されている講師の経歴や得意な研修の内容について調べておくことが重要です。

研修の対象者の職種に適した手法を取り入れよう

人材育成研修を効果的に行うには、それぞれの研修の対象者の職種に適した手法を取り入れるのがおすすめです。たとえば、営業職などコミュニケーション能力が求められる職種は、プレゼンテーションやグループワークといった研修の受講者同士での交流の機会が多くなる手法を採用すると良いでしょう。一方で、企画職や開発職など少人数で新しい商品やサービスを生み出す職種については、営業職と同じような集合研修だけでなく、外部の業務セミナーやオンライン研修などを積極的に活用するのも有効です。その他、若手から中堅のスタッフまで自分のキャリアに合わせて研修を受けられるよう、研修の前後に人事担当者がヒアリングを実施することも大切です。

人材育成のセミナーを受ける事によって、新人を立派な一人前にするための育成方法を学べます。特に管理職の方に有益な情報が多いです。


Share: