派遣の運転手で働くとどんなメリットとデメリットがある?


派遣運転手で働くことのメリット

派遣運転手とは、運転手として働くのは事実ですが、派遣会社と契約して働くため、派遣先の会社との直接的な雇用関係はありません。車種や勤務地を選んで応募することができるため、バスの運転手をしたい人ならバス会社に派遣されるなど、雇用上のメリットが大きいです。自分がやりたい仕事を積極的に行うことができるため、働きやすいのがメリットといえます。また、契約期間なども派遣会社側で確認してから派遣されるため、トラブルになることは少ないです。決まった期間だけ働けばいいため、人間関係のトラブルに巻き込まれることも少ないといいます。さらに正社員よりも時間の拘束が少ないことから、心身の健康を考えながら働くことができるのもメリットの一つです。

派遣の運転手で働くデメリット

派遣の運転手で働くデメリットとなるのは、どんなに良い職場でも派遣で働けるのは3年が限度となることです。改正労働者派遣法では、3年経過したら派遣で働けなくなると決められています。もしその会社で長期間働きたい場合、派遣会社を辞めてその会社で雇用契約を結ぶことが必要です。正社員になって働くことになるため、雇用の安定はメリットとなりますが、派遣会社で働いていたほうが給料がいいということもあるため、契約前に慎重に判断してください。ただし、派遣の運転手で働く場合、安定して働くことができない場合もあります。3か月に1回雇用契約を結ぶため、更新を派遣先が望まない場合、仕事がないということもあるからです。

運転手の派遣は、会社に運転手が必要だが応募がないとき、繁忙期のみなど、会社の状況に合わせて契約期間を設定することが出来ます。


Share: