気を付けよう!電気製品自作の注意ポイント3選


自作する前に知識を付けておく

電気製品を作るためには、専門の知識が必要です。簡単な電気製品であれば、スターターキットなどでも作ることができますが、複雑な物だとある程度の知識を持っていなくてはいけません。配線や電圧のバランスなど、組み合わせ次第では事故が起きる危険性があります。怪我をしてしまう可能性もあるため、事前に書籍やネットなどで電気製品の勉強をしておきましょう。ほんの少しのミスで部品を壊すこともあります。

トラブルには自分で対処しなくてはいけない

電気製品自作にはトラブルはつきものです。配線がショートしたり、発火をする可能性もあります。万が一のトラブルには自分で対処する必要があるため、あらかじめ備えておかなくてはいけません。メーカー製の電気製品とは違い、自作だと耐久性に問題がある場合が多いです。故障した場合は、自分で修理をする必要があります。故障個所がどこなのかを把握し、適切な修理を施すことが大事です。何度も修理を経験すると、電気製品への理解が深まるというメリットもあります。

思い込みで作ろうとしない

自作するときに気を付けたいのが、思い込みで作業してしまうことです。初心者の場合、知識や経験が浅いため「多分こうすればいいだろう」と考えて、自作をしてしまう人が少なくありません。間違った認識で部品を組み合わせてしまうと、破損や事故に繋がるため注意が必要です。困ったときには、経験者に相談することも大切です。適切なアドバイスを聞き、認識を改めることで、失敗せずに自作をすることができます。

プリント基板実装とは、プリント基板にICやコネクタなどの電子部品をはんだ付けして、電子回路として動作できるようにすることです。


Share: