引越した後の片付けどうしよう!さくっと短時間ですませるポイント


すぐに使う物と後で使う物を分けておく

段ボールの中に荷物をあれこれ詰める時に、すぐに使う物と後で使うものを区別して入れておくと片付けやすくなります。新しい学校の進学で引越するなら、テキストや勉強道具とそれ以外の物で分けておくと良いでしょう。遠方の会社に勤めるため引越する場合は、オリエンテーションの資料や仕事で使うパソコンなど、他の物と分けておくのがおすすめです。

新しい住居の間取りを確認しておくこと

引越する前に、必ず新居の間取りを確認しておきましょう。そして段ボールの外装に目印をつけておくなどして、中に入っている物の種類を忘れないようにすると良いです。調理道具の入った段ボールを私室に持ち込んだり、枕などの寝具をダイニングなどに置いていては、片付ける時に余分な体力を使ってしまいます。そうならないために、荷物の見分けが簡単にできるようにしておきましょう。また、それらの荷物をよく通る廊下に置いたままにしておくと、大変なことになります。何度も行き来している内に段ボールを蹴飛ばしてしまい、中の物を壊してしまうことがあるからです。

段ボールの中に何も考えずに詰めこんでしまった場合

引越するまでの時間が少なくて、丁寧に仕分けをしている時間が無い人は、転居先の家の間取りを確認した後、新居に着いてから行動しましょう。少しでも片付けの手間を少なくしたいのであれば、運び込んだ荷物は普段使う場所には置かない方が良いです。家の中で、移動の邪魔にならないような区画や部屋を見つけて、いったんそこに運びましょう。自由にできる空間を一つ見つけることで、運び込んだ荷物を自由に広げることができますし、使い終わった段ボールなども片付けやすくなります。

不用品の回収とは、リサイクル可能な資源を回収したり、本来ゴミと言われているような廃棄物までも回収することです。


Share: