社員研修は何が良い?グループワークをしよう!


研修効果を高めるにはグループワーク

社員研修の効果を高めるためには講義を行うだけでは不十分でしょう。グループワークを取り入れることで社員への影響が大きく変化します。普段はあまり接しない他の社員とのコミュニケーションの機会にすることも、いつも一緒に働いている同僚と仕事以外の話をするタイミングにすることも可能です。組織としてより効果的な形で仕事を行えるようにするためには、同じ会社で働いている人たちのことをよく理解することが欠かせません。グループワークを取り入れると今まで知らなかった一面を見る機会が手に入り、互いの認識が大きく変わるのです。それが自然に業務にも生かされるようになっていくでしょう。連携が重要な現場ほどグループワークによる研修は重要な役割を果たします。

どんなグループワークが良いのか

グループワークの内容として何が適切なのでしょうか。実はコミュニケーションを促進できるものなら何でも問題ありません。ゲームをしてグループ対抗戦をするのは最も簡単な方法でしょう。チームワークが試されることになるため、否が応でも互いのことを理解し合い、適材適所でゲームに取り組もうとするはずです。あるいはロールプレイングをグループごとに行うのも良いでしょう。質問する側と答える側にわかれて仕事のことでも日常のことでも話し合うというのもよく行われるグループワークです。このようにして活発なコミュニケーションを促進できる内容にすれば研修効果が出てくると考えられるので、導入を前向きに検討してみましょう。

管理職研修を受ける方々は社内の評価もよい為、業務遂行においては問題無い方が多いです。ですので、この階層で必要な知識としては、管理方法を含めたコンプライアンスに関する知識を学ぶ必要があります。


Share: