意外と知らない?様々な倉庫の種類について


1~3類倉庫はどのようなものか

倉庫には様々な種類があり、主に1類倉庫、2類倉庫、3類倉庫、野積倉庫、水面倉庫、貯蔵槽倉庫、危険品倉庫、冷蔵倉庫に分けられています。これらの倉庫は全て、倉庫業法施行規則によって定められています。まず1類倉庫は最も多目的に使用される倉庫で、その分あらゆる法令や基準が設けられています。2類倉庫は1類倉庫と異なり燃えやすいものを保管することができません。主にでんぷんや塩、麦、セメントや皮革などを保管するのに用いられます。3類倉庫は塗れても問題のないものだけを保管することができます。例えばガラス製品や農業用機械などがあります。

1~3類倉庫以外は特殊なものを保管する

野積倉庫は、法律で「第四類物品」と定められたものを保管することができます。具体例を挙げると、セメント製品や自動車、木材やドラム缶、ケーブル、廃タイヤなどがあります。水面倉庫は原木を保管する倉庫となっています。非常に特殊な倉庫なので木材のみを保管する目的として作られています。貯蔵槽倉庫は法律で「第六類物品」と定められたものを保管することができます。トウモロコシや大麦、小麦、糖蜜などが挙げられます。

危険品倉庫は文字通り危険物を保管する倉庫で、法律で「第七類物品」と定められたものを保管します。第七類物品に指定されているものは、高圧ガスや液化石油ガスなどがあります。冷蔵倉庫は冷蔵食品を保管する倉庫ですが、冷蔵食品以外にも10度以下で保管しなければならない物品にも対応しています。常に10度以下の環境を維持するように設計されています。それ以外にも、非常時に使用される防災備蓄倉庫があります。近所の公園などに設置されていることが多いです。

物流とは物的流通の略称です。商品が生産者から消費者に届くまでの流れのことを指します。ここには包装・輸送・保管・荷役・情報といった要素も含まれています。


Share: