フランチャイズで起業しよう!メリットは何?


起業準備と開始直後が有利

フランチャイズに加盟して起業すると全面的なサポートを受けられるのがメリットです。起業に際して必要な資金は自分で確保することになるのが通例ですが、販売する商材や資材の調達、店舗やオフィスのデザインなどを一通りサポートしてもらうことが可能です。人材採用なども手伝ってもらえるため、起業するときの負担がかなり軽減されます。また、起業してからは顧客の獲得が大きな課題になりますが、フランチャイズの加盟店になっているとブランド名を使った宣伝が可能です。知名度をすぐに上げられ、そのブランドとしての信用も得られるので事業を始めた直後から顧客が手に入りやすくなります。安心して起業できるようにするために有用な手段と言えるでしょう。

長期的にもメリットはある

フランチャイズで起業するメリットは初期のサポートだけではないかと思う人もいます。顧客がリピートしてくれるようになって安定して利益を上げられるようになると、あまりメリットを感じなくなってしまう場合もあるでしょう。しかし、長期的にもメリットはたくさんあります、例えば、競合店の登場などによって利益を上げるのが難しくなったときに本部に相談することができます。本部は各地の経営状況から様々なノウハウを習得しているので、具体的にどんなことをすれば利益を上げられるようになるかを提案してくれるでしょう。また、人材確保で困ってしまったようなときにも社内の人材を派遣してくれることがあります。困ったときの相談先として本部がとても役に立つのです。

フランチャイズは企業が直接店舗を管理するのではなく、加盟店に経営を任せるシステムです。加盟店は企業から経営のノウハウを提供してもらう対価として、ロイヤリティを支払います。


Share: