どうやって料金は決まるの?成果報酬型と固定報酬型がある!!


営業成績に応じて利用料が変わる契約

自社で営業社員を雇用するとき、給与体系として歩合制を導入するときがあるでしょう。一応基本給はあるものの営業成績で変動する部分を大きくし他仕組みで社員の士気を高めるメリットがあります。給料を得たいと思う人はどんどん頑張ってくれますし、働きの低い人への人件費を下げられるので会社にとってはいい仕組みと言えそうです。自社で営業社員を雇用する以外に営業代行サービスを利用するときがあり、その時には利用料金を支払わなくてはいけません。会社によって異なるものの、社員への歩合給と同様に成績に連動するタイプになっているところを検討してみましょう。営業のプロですが常に希望通りの成績を上げてくれるわけではなく、試しに利用するなら成績連動型が良さそうです。

固定報酬型の営業代行サービス

営業社員が足りなかったり新規開拓をするときに営業代行サービスを利用するときがあります。契約をすると営業のプロが派遣されてきてその日から希望の営業活動をしてくれます。料金の発生方法として固定報酬型があり、これだと一人当たり1日いくら、1か月いくらなど固定化されています。成績には連動しないので、希望の成果が無い時にも決められた支払いをしなくてはいけません。固定報酬型のメリットとしては、成果報酬型に比べると優秀な営業担当者を派遣してもらえるケースが多い所でしょう。個々のプロフィールなども教えてもらえ、自社に合う人を選んで派遣してもらえます。その他利用料が固定化されるので予算を決めて利用したいときにいい料金体系と言えるでしょう。

営業代行は人的なリソースが足りないケースはもちろん、現状を打破したいと考えている会社にも向いているサービスです。自社に足りない営業力の底上げに活用出来ます。


Share: